CATEGORY

技能試験(実技試験)の情報

第二種電気工事士試験は2次試験の実技試験に合格しなければ最終合格にはなりません。技能試験は工具を準備して実際に回路を作る練習が重要です。

技能試験 練習 写真

第二種電気工事士は筆記試験と技能試験の両方に合格しなければ合格になりません。とくに技能試験は欠陥1つでもあれば不合格なので、試験前の練習が重要です。

試験問題は事前に13問公表されています。公表問題の中からどれかが試験当日出題されます。

試験地ごとに問題違い、同じ都道府県でも試験値が複数ある場合には違う問題が出される可能性もありますので、試験問題を予測することはできません

 
ひまる
13問すべてを作成できるように練習をしましょう。

まずは準備として参考書、工具と練習用材料を購入します。

筆記試験からの受験をする方なら筆記試験から技能試験までは2ヶ月ほどあります。

筆記試験終了前から技能試験の道具の注文をしておいて、筆記試験終わったら技能試験の実技練習に入れば時間を有効に使えます。

実技練習は実際に作る練習

参考書や動画をみながら実際に工具を使って実技練習をします。

試験当日の情報

技能試験当日は入室制限時間が試験開始前に設定されています。移動時間に注意して試験に備えてください

実技試験に関する記事

 

  • 2021年6月8日

複線図を色分けして描く方法

複線図を技能試験で描く場合、分かりやすさを重視して心線を色分けして描く方法があります。ミスを防ぎやすくなりますので複数色で描く複線図を試してみましょう。

  • 2020年10月11日

「の」の字曲げ(輪作り)のコツを写真と動画で解説。

「の」の字曲げは第二種電気工事士の技能試験で必ず出てくる作業です。この記事では「の」の字曲げの方法を写真と動画で説明しています。このやり方なら「の」の字曲げが綺麗にできますので皆さんマスターしてください。

  • 2020年2月6日

電気工事士実技試験に必須!圧着工具を準備しよう。

圧着工具は電気工事士 実技試験に必ず持っていかなければ行けない工具です。一般的には使わない工具なので購入する時に迷う方もいらっしゃると思います。そこで今回は圧着工具の情報をまとめました。

  • 2020年11月15日

実技試験に合格するための4段階練習法

第二種電気工事士の実技試験の練習はいきなり問題を作り始めても合格はできません。道具に慣れ、使えるようになってから段階的に練習を進めていくことが重要です。

  • 2020年6月1日

実技試験で出題されない作業

実技試験の中では実際の電気工事でおこなう作業のうち一部の作業しか出題されません。第二種電気工事士実技試験で出題されない作業をまとめています。