【2021年度/令和3年度】第二種電気工事士 試験日程、申込・合格発表日程情報

第二種電気工事士(だいにしゅでんきこうじし)(通称:電工二種)の試験は上期と下期の年2回、それぞれ筆記試験・技能試験が実施されます。

この記事では第二種電気工事士試験の2021年度(令和3年度)試験日程をお知らせします。

試験区分筆記試験日程技能試験日程
上期試験2021年5月30日(日)2021年7月17日(土)もしくは18日(日)
下期試験2021年10月24日(日)2021年12月18日(土)もしくは19日(日)

参考:令和3年度電気工事士試験の実施日程等のご案内|電気技術者試験センター

両方の試験で合格しないと第二種電気工事士の資格を取得することができません。(筆記試験は免除される条件が有ります)

ひまる
これから受験しようと考えている人は、試験日を確認して上期・下期どちらで受験するか考えてみよう。

これから第二種電気工事士を受験しようと考えている方は、この記事やサイトの情報を確認していただき準備を進めてください。

特に令和3年から試験の申し込みに関する変更がありましたので注意が必要です。

第二種電気工事士の試験日程

毎年試験日程はほぼ同じです。ご自身が受験する日程にあわせて勉強するスケジュールを決めましょう。

上期と下期のどちらを受験するか迷っている方は比較した記事がありますので参考にして下さい。

関連記事

第二種電気工事士の受験時期は上期が有利?下期が有利?

上期試験日程

試験案内配布開始2021年3月1日(月)
試験案内PDF
申込期間2021年3月22日(月)〜2021年4月8日(木)
筆記試験日程2021年5月30日(日)
筆記試験合格発表2021年7月2日(金)
技能試験日程2021年7月17日(土)または18日(日)
技能試験合格発表2021年8月20日(金)

下期試験日程

試験案内配布開始2020年8月初旬ごろ
申込期間2021年8月16日(月)〜9月2日(木)
※令和3年度から筆記試験免除者も同じ申込期間になりました。
筆記試験日程2021年10月24日(日)
筆記試験合格発表2021年11月下旬見込み
技能試験日程2021年12月18日(土)または19日(日)
技能試験合格発表2022年1月下旬見込み

第二種電気工事士 試験にむけて早めに準備できるもの

これから第二種電気工事士試験を受けようと考えている方は、以下の記事を読んでおくと準備に必要なものがわかります。

  1. 第二種電気工事士になるためにはいくら費用がかかるの?
  2. 第二種電気工事士 試験申し込みの流れ

筆記試験は参考書ベースで学習をすすめる

まずは筆記試験対策を検討しましょう。

参考書は2021年版の筆記試験参考書が11月ぐらいから順次各出版社から発売されます。

筆記試験の範囲は毎年大きくは変わっていませんので、古い参考書を買って勉強しても問題はありません。
ただ古いと言っても2〜3年前程度のものにしておきましょう。

参考書の比較レビューをしていますので、これから参考書を購入される方は確認してください。

関連記事

第二種電気工事士の筆記試験は2時間の試験時間、50問の問題が出題されるマークシート形式の試験です。完全独学で学習するには参考書を使って試験範囲の内容を学習し、過去問を繰り返し解き、得点をあげていって合格を目指します。60点が例年の合[…]

2021 筆記試験参考書 3冊レビュー

筆記試験対策の参考になる記事

  1. 2021(令和3)年度 第二種電気工事士 筆記試験対策にオススメの参考書比較レビュー
  2. 第二種電気工事士 筆記試験に合格するための勉強法
  3. 第二種電気工事士 筆記試験の準備と当日の流れ

技能試験の問題は令和2年度と同じ問題

下期試験の合格発表とともに次年度の技能試験候補問題が公表されます。

1/22の令和2年度の下期試験 合格発表と同時に令和3年度の技能試験好評問題が発表されました。

クリックしてK_R03K.pdfにアクセス

令和2年度までの試験問題と同じものですので、これまでの勉強法が活かせます。

技能試験対策の参考になる記事

筆記免除の方を除けば筆記試験の前後から練習を開始します。技能試験に関する記事を確認しておくことをオススメいたします。

  1. 実技試験に合格するための4段階練習法
  2. 技能試験に必須!電気工事士 技能試験用 おすすめ工具 DK-28
  3. 技能試験の練習に必要な材料のおすすめ準備方法【第二種電気工事士試験】
  4. 第二種電気工事士 筆記試験の準備と当日の流れ

第二種電気工事士 令和三年度からの試験に関する変更点

コロナの影響や受付処理の簡略化を考えてと思われる変更点がありましたので、まとめています。

申し込みや受験の際には注意してください。

申込方法の変更

インターネットによる申し込みの画面が大幅にリニューアルされ、申込みの際には顔写真をアップロードする方式に変更されます。

また、書面による申し込みは受験申込書の送付と受験手数料の支払いが別々になり、受験申込書には顔写真を貼り付けて送付する方式に変更されます。

2020年までは申込後送付される写真票に証明写真を貼り付けていたので、令和三年度からは申込みよりも前に写真を用意する必要があります。

下期の筆記試験免除者の申込期間が変更

2020年まで下期試験のみ筆記試験免除者の申込期間が、筆記試験を受ける方と異なりましたが、令和3(2021)年度からは下期試験の申込期間も統一されます。

申込期間2021年8月16日〜9月2日
※令和3年度から筆記試験免除者も同じ申込期間になりました。

2020年の申込期間のちょうど間を取る形に変更されています。下期筆記試験の合格発表は申込期間中にされると予測されます。

筆記試験が午前と午後に分けて実施

2020年(令和2年)の上期筆記試験はコロナの影響で中止になり、下期試験に受験者が集中しました。
筆記試験は試験時間が2時間あるので、過密状態を避けるため午前と午後に分けて実施されました。

2021(令和3)年の筆記試験も同様の配慮をするために午前と午後に別れて実施されます。ただし、受験者がどちらかを選択することはできません。

また、筆記試験は午前と午後で試験問題が分かれました。


2021年 第二種電気工事士試験情報のまとめ

第二種電気工事士は毎年多くの方が受験されている試験です。決して簡単な資格ではありませんが、準備と練習をしっかりすれば合格することは可能です。

2020年はコロナウィルスの影響で上期筆記試験が中止になりました。
状況によっては試験自体も実施されるかどうか分からない状況ですので、最新情報を確認するようにしましょう。

記事は随時更新していきます。

Twitterでも情報発信していますので、よければフォローしてください。

2021年第二種電気工事士試験情報
最新情報をチェックしよう!